土地探しと設計プランは同時進行でしよう!

Written by:

まず工務店やハウスメーカーの選定!

家を建てようと思った時、まずは土地探しが思い浮かぶと思います。しかし土地は購入してから一定の期間中に着工しないと税金がかかってきます。そこで、土地探しと設計プランは同時進行で行うことをおすすめします。むしろ建てたい工務店やハウスメーカーをある程度は絞り込んでおいてから土地探しをする方が、無駄が少ないかもしれません。土地を探していると伝えておけば、工務店やハウスメーカー側から希望する土地が見つかったと紹介してもらえることもあります。

条件付きの土地の場合

土地探しをしていくと希望の所が見つかっても「条件付き」である場合が出てきます。土地を販売する側が建てる業者を指定しているのです。この場合はその業者でしか家を建てられませんから、その業者で納得できる家づくりができるかどうかが土地購入のポイントとなります。土地の条件や値段などがとてもよく、指定業者で妥協できるのであれば契約を考えてよいでしょう。こんな家づくりがしたいという気持ちが勝っていて指定業者では実現できないと思うのであれば、その土地をあきらめなければなりません。

自分の優先順位を決めておこう

このように土地との出会いはご縁が大きいので、よい縁に出会った時にすぐ決められるように自分の中で優先順位を決めておきましょう。もちろん家族との話し合いも必要ですが、自分の考えが決まっていれば相談するときも話が早いです。高い買い物であるだけに失敗したくない土地選び。準備を万端にして良い出会いに備えてくださいね。

2000万の家は、非常にお買い得です。最近の住まいの技術の進歩は著しくて『耐震構造』でありながら『高気密・高断熱』の住まいを手に入れることが出来ます。