注文住宅は構造選びが最も重要!?土地とのバランスを考えて慎重に選ぼう

Written by:

注文住宅は土地柄を調べる所から始める

注文住宅を建てたいと考えた時には、土地購入から始めると建築条件が付いていることがあり、後で揉める原因となりかねません。土地の周辺状況をしっかり調べた上で適切な工法で家造りを行う必要があり、何度も建て直しが出来ない家だからこそ慎重さが求められます。建築条件付きの土地を選ぶ際には、注文住宅メーカーが決まってからにすべきです。なぜなら、建築条件の多くがハウスメーカーや施工会社の指定に繋がるので、選んだ工法の施工技術が不足する原因になるからです。

構造選びをしっかり行えば安心できる

建設コストと耐久性のバランスを考慮した際には、万能な工法というものは最初から存在しないと考えておく必要があります。なぜなら、建設コストが高い鉄筋コンクリート造ならば、全ての土地に合うとは限らず建設コスト倒れになることがあるからです。火災が多い地域なら木造建築、地震が多い地域なら重量鉄骨造が強いことがよく知られているので、土地とのバランスで建築工法を選ぶ必要があります。

施工会社選びは最後に行っても良い

施工会社を選ぶことは、ハウスメーカー選びに直結していますが、注文住宅を建てる際に建築条件が土地に付いていなければ自由自在です。建築条件が付いている場合には、施工会社に求める工法を施工出来る技術が本当にあるのか、調査会社を使った調査を行うコストがかかります。それでもなおメリットがあれば、注文住宅の建設に一歩前進すれば良いわけです。建売住宅を購入しないメリットが建築の自由度ならば、土地選びの段階で施工会社を狭める選択を回避することが望ましいです。

二世帯住宅を建てる際に、子供世帯が譲らない方が良いのは水まわりは別々な造りにしておくことです。できれば玄関も別々が良いでしょう。