マイホーム購入を注文住宅で建てる場合に気をつけること

Written by:

注文住宅に見合った土地を探そう

マイホームと言ってもさまざまなスタイルがあります。その中でも最高峰の家と言えるのが注文住宅で建てる家です。注文住宅であれば、もともと建っている家を購入するわけではなく、自分の好きな間取り、好きな資材を使って建てることができるので、住みやすい家が完成します。注文住宅を建てるにあたって大切なのが土地探しです。素敵な注文住宅を建てるわけですから、その家にピッタリあった素敵な土地を探す必要があります。家と違って土地だけをチェックしてもなかなかピンとこないかもしれませんが、土地探しで大切なポイントがあるので、じっくりポイントを押さえて検討しましょう。ポイントは日当たりと地盤の強さ、そして周辺環境です。日当たりが良いことでさまざまなメリットがあります。電気代を浮かすことができたり、何より太陽の日差しを浴びて生活できることはとても重要です。地盤に関しては不動産屋に確認すればわかります。周辺環境は、自分の足で地域を歩いてみることである程度わかりますし、これも不動産屋に確認すれば教えてくれるでしょう。

住みやすい間取りを考える

注文住宅で家を建てる場合、建築基準法に沿っていれば、自由に家を建てることができます。家族構成や家族の生活動線を考えて間取りを組み立てて行きましょう。土地の広さと建ぺい率が間取りにも大きく関係してくるので、土地探しを行う段階である程度はどんな間取りにしたいのかを検討しておくと良いです。土地を決めてから間取りを決めると、思い通りの間取りにできない場合があるので注意が必要です。

3000万の家は月々の給料では資金を準備できないため、利用可能額や金利を確かめて住宅ローンを選ぶことが大事です。